TVなどでよく宣伝されているサプリの成分に、黒酢とか、にんにくとかありますが、

 

特に黒にんにくには老化を防ぐ抗酸化物質ポリフェノールがたくさん含稀ていて、そこにもろみ酢が加わるとさらに協力になる、酸化による老化を抑えてくれるそうです。

 

もろみ酢には適度な運動をすると脂肪を燃焼させる、いろいろな種類のアミノ酸が含稀ていて、黒にんにくと合わせると生活習慣病を予防することができるそうです。

 

活性酸素が、一番の老化の原因ですから、活性酸素を押さえて、脂肪を貯めない身体にすることで、老化は抑えられます。

 

ただし、老化した身体を若返らせるにはそれだけではちょっとむりです。

 

活性酸素自体を老化すると、細胞内のミトコンドリアが作り出してしまうようになるので、それを正常にもどすには、サーチュイン遺伝子を働かせることです。

 

それで若返りができるというわけです。

 

その遺伝子を働かせるたるには、カロリーを3割減らす生活習慣をずっと続ける事です。

 

粗食の祖父が、とても元気で長生きだったのですが、やはりとても粗食でしたから、きっとサーチュイン遺伝子が働いていたのだと思います。

ページの先頭へ戻る